HOME > Art (JP) > Impressionism Snapshot

印象派スナップショット フランス 現地6泊7日の旅


アートファン、印象派ファンなら見ておきたいポイントを、ニースからパリまでのルートを中心にまとめた旅。エクス_セザンヌゆかりの地案内看板.jpg
ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、モネなどがインスパイアされた美しい土地をめぐります。

ハイライト

  • カーニュ・シュル・メールのルノワール美術館
  • セザンヌゆかりのエクス・アン・プロヴァンス
  • ゴッホ財団美術館がオープンしたアルル
  • パリ滞在で美術館めぐり
  • ゴッホ晩年の地・オーヴェル・シュル・オワーズと、メディチ家の館オーヴェル城
  • (オプション)印象派に影響を与えたコローゆかりの地ヴィル・ダブレー
  • (オプション)モネの睡蓮のジヴェルニー

現地6泊ツアー料金(2名様の場合) おひとり2,200ユーロから
含まれるもの
・下記の日程にある専用車での送迎(英語ドライバー)
・エクス・アン・プロヴァンスでのガイドツアー(英語)
・パリまでのTGVチケット
・宿泊(4つ星クラスホテル)、毎朝食
・オーヴェル城でのランチ

基本日程

1日目
ニース到着。専用車でホテルへ。(ニース泊)

2日目
カーニュ・シュル・メールのルノワール美術館へ。ルノワールが晩年の12年間を過ごしたレ・コレットと呼ばれるアトリエ兼自宅だった場所で、2013年にリニューアルオープンしました。(ニース泊)

エクス_サント・ヴィクトワール山.jpg3日目
専用車でエクス・アン・プロヴァンスへ。セザンヌが一生のほとんどをすごしたエクスで、アトリエなど画家のゆかりの場所をガイドの案内で巡ります。セザンヌが何十枚も描いたサント・ヴィクトワール山も、彼が実際に写生した場所から臨むことができます。
*途中、モノスクの「ロクシタン」のファクトリーに立ち寄り、製造工程とミュージアムを見学することも可能です。 (エクス・アン・プロヴァンス泊)



4日目
専用車でアルルへ。ゴッホが「ひまわり」連作など数多くの作品を描いた土地。黄色いカフェや、跳ね橋など名画のモデルとなった場所を巡ります。2014年4月にオープンしたばかりのゴッホ財団美術館も必見。サン・レミ・ドゥ・プロヴァンスではゴッホが病棟に入院していたサン・ポール・ドゥ・モーゾール修道院を訪問します。(アヴィニヨン泊)アルル_ゴッホの跳ね橋.jpg

5日目
TGVでパリへ。印象派絵画が充実したオルセー美術館で自由にアート鑑賞。 (パリ泊)
パリ_オルセー美術館.jpg
6日目
オーヴェル・シュル・オワーズを訪問。ゴッホが最期の70日間を過ごし80点の作品を描いた土地です。彼と弟のテオが眠る墓地のそばには彼が描いた麦畑が広がります。17世紀のメディチ家の館・オーヴェル城で、印象派絵画のマルチメディア展示とランチをお楽しみください。 (パリ泊)
オーヴェル城.jpg
7日目
チェックアウト後、専用車で空港へ。ツアー終了

【1泊延泊オプション】
7日目
 ①ジヴェルニーへの日帰り旅行(専用車)。モネの睡蓮の庭が有名です。
 ②パリ郊外のヴィル・ダヴレーへの日帰り旅行(専用車)。モネやセザンヌなど印象派の画家たちに大きな影響を与えたコローゆかりの地です。
8日目
 チェックアウト後、専用車で空港へ。ツアー終了


*旅程やホテルクラスはご希望に沿ってカスタマイズし、お見積り致します。
*別途、弊社の手配手数料を頂戴いたします。
*この旅行は弊社との手配旅行契約となります。