HOME > Art (JP) > Cuban Art

キューバ 現代アートの旅 Ⅰ「アート・サファリ」

DSC00712.JPG
アメリカとの国交回復で一層注目されるデスティネーション、キューバ。ヨーロッパ風の街並みを鮮やかなカリビアン・カラーが彩り、陽気なラテン音楽が響き、アメリカのクラシックカーが走り抜けます。激動の時代を歩んできたキューバならではの現代アートもまた、世界の熱い視線を集めています。国内外で活躍するキューバン・アーティストたちを訪問し、キューバの今をユニークな視点から見る旅です。


キューバ.png

モデル日程(ハバナ宿泊)
DSC00739.JPG1日目】
午前: ハバナ旧市街のウォーキングツアー。「オールド・ハバナ」と呼ばれるこの地域はハバナで最も賑やかで、歴史が詰まった場所です。カテドラル広場からスタートし、旧ハバナ総督の邸宅を使ったコロニアルアート・ミュージアムへ。近くのウィルフレド・ラム・センターや、若手グラフィックアーティストたちのスタジオ兼ショップにも立ち寄り、ヘミングウェイが暮らしたホテルや、通ったバーを見学。ヴィエハ広場では現代写真センターのフォトテカ・デ・キューバも訪問します。

DSC00825.JPG午後: シガー工場とラム博物館で、キューバ名産の葉巻とラム酒の製造プロセスや歴史を学びます。夕方は50年代のコンバーチブルでサンセットドライブ。

【2日目】
午前: 専属のアートガイドの案内で国立美術館を見学。植民地時代から現代まで、各時代の政治や思想が反映されたキューバの美術が時系列で展示されています。キューバを理解する上でも必見の美術館です。DSC00809.JPG

午後: キューバアート・サファリ第一弾。ハバナをベースに活動するキューバ人現代アーティストたちのスタジオを訪問。厳選した100人のアーティストたちのリストから、事前に希望を伺い訪問をアレンジします。実際の制作現場を拝見し、話を聞く貴重な機会です。






【3日目】DSC00926.JPG
キューバアート・サファリ第2弾。終日、注目のアーティストたちのスタジオを訪問。
絵画、彫刻、写真、インスタレーションなど形は様々ですが、キューバをモチーフにするアーティストが多く、自国への愛情が感じられます。

夜は「ファブリカ・デ・アルテ・クバーノ」へ。アートと音楽を鑑賞しながらお酒が飲める、大人のための洗練されたアートスポットです。


【4日目】DSC01047.JPG
日帰りでハバナから西にあるヴィニャレスへ。特徴的な形の丘が並ぶ風景は一度見たら忘れません。ボートの洞窟ツアーも人気です。

ハバナに戻り、夜は「ラ・タベルナ」でブエナ・ビスタ・ソシアルクラブの生演奏を楽しみます。


*旅程やホテルクラスはご希望に沿ってカスタマイズし、お見積り致します。
*キューバ周遊旅行も手配可能です。
*この旅行は弊社との手配旅行契約となります。